<<次の記事 前の記事>>

紅葉の奥入瀬、八甲田山 その6

 週末は、天気が良かったですね~。私は、島根県に行ってましたが、紅葉はまだ始まったばかりといった状態でしたが、とても充実した旅行となりました。いやはや面白かったですよ。この話は、明日以後に譲るとして、今日は、青森旅行の最終回です。
 八甲田ロープウェイの頂上には、『八甲田ゴードライン』という遊歩道が整備されており、30分コースと60分コースで散策できる様になっています。散歩感覚で手軽に歩ける遊歩道で、昨年もゴードラインを歩いたのですが、その時も霧。今年も、霧・・・なんだこりゃって感じです。霧ということで、もういいかなぁ・・・ってことで、30分コースを歩くことにしました。いやはや、やっぱり寒いです。
 私の記憶では、60分コースは、山を登ったり下ったりが結構しんどかったイメージが残っているのですが、30分コースだと、本当に散歩といった感じです。景色が見られないのが、本当に残念。個人的には、霧の摩周湖よりも、晴天率が低いんじゃないか・・・って思ったりします。摩周湖では、かなりの確率で晴れてるんですが・・・(^^ゞ

 まぁ、それにしても肌寒いんですよね。体を動かしておかないと、硬直しそうな雰囲気です。13時の晴天時の気温が、6度とかって書いてありましたので、今は、更に低くなっている様な感じがします。ロープウェイ乗り場に戻ると、乗車行列がいまだに続いており、駅の外にも列が続いています。ロープウェイは臨時便の増発をおこなっており、到着するとすぐに折り返すのですが、山麓駅と比べて、山頂駅の方の手際があまり良くないので、折り返しに時間がかかる様でした。それでも、15分程度の待ち時間で乗れたので、助かりました。山頂駅から山麓駅方向を見ると、真っ白・・・しかし、山麓駅に戻ると、晴れていたりして、なんだかなぁって感じでした。

 さて、最後の観光スポットとして、『城ヶ倉渓谷』に向かいます。
 現在は、城ヶ倉渓谷の遊歩道は閉鎖されており、利用することができませんが、城ヶ倉大橋から眺める紅葉は、今年も圧巻。橋の上から眺めるだけでも、見事な紅葉に息を飲むばかりで、見事としか言いようがありません。日は大分傾いており、弱い日差しになっていましたが、弱い夕日が紅葉の赤みを更にやさしくしてくれている様に見えます。
 残念なことに、夕日は雲に隠れて見られなかったのですが、目的は紅葉だったので、良かったと思います。午前中の奥入瀬渓流と午後の城ヶ倉渓谷。八甲田山は、残念でしたが、この2つで十分満足のいく青森旅行だったと思います。勿論、『蔦温泉』。この温泉は、青森に行く価値を見いだしてくれる、いい温泉旅館でした。

 ということで、後は青森空港に向かうのみ。やはり秋の青森は、かなり混雑しているらしく、帰りの飛行機は満席での出発となっておりました。本当に、いい秋の一日でした。

| 旅行::東北地方 | 08:20 PM | comments (x) | trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.00180.net/brt/blog/tb.php/242

トラックバック

PAGE TOP ↑

CALENDAR

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<前月 2021年10月 次月>

LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

NEW ENTRIES

RECENT TRACKBACK

CATEGORIES

ARCHIVES

LINK

PROFILE

OTHER

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)